言葉の力

操体法をつくった橋本医師は、
「言葉は運命のハンドル」だと言いました

言葉は心に
脳に、染み入ります

そして、それにそって
おきる現実を受け入れます

ある人の、ある言動を
一緒に見ていても

人によって、受け取り方や
評価は違います

もし、同じことが
身に降りかかっても

ある人には、大不幸
ある人には、なんでもないこと..

自分がどのように、受け取るか

どのような言葉を与えるかで
そのことの意味も、自分の気分も
そして、人生も違ってきます

他人や物、自分への言葉
環境や社会に対し手の言葉も
それを聞く機会が一番多いのは自分

そして脳や潜在意識は
自分と他者の区別がつかないと
言われているのです

自分への、言葉
ほかの存在や何かへの、言葉..

自分と、世界のすべてのために
大切に使いたいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です