ハラスメントの被害者、加害者

日本は、欧米などに比べて
ハラスメントの種類も件数も
とても多い社会だといわれています

ハラスメントを受けている人も
している人も、そんなつもりはないとか
わかっていない場合も多い

そして、ハラスメントだとわかっても
問題が解決しないケースも
多いように感じます

自分は被害者だ
加害者であるあいつが悪い

あの人が変わればいい
いなくなればいい…では、解決し難い

自分のほんとうの気持ち
恐いことや嫌なことを観ずに

他者のことばかり見ていても
現実は、変化しにくいものです

実は。被害を受けていると感じたら
ことさら、自分の人生の主役は自分

自分の人生を創っているのは自分だと
自覚することが、解決のはじめの一歩

相手は悪くない、自分も悪くない
そこを踏まえたうえで

自分のこととして見ていくのが
解決の早道だと感じています

そう言われても、どうしたら?など
とっかかりさえわからないような場合には
どうぞ一度、ご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です